久野が鎌田

筋緊張性頭痛とは肩こりや首凝りから来る慢性頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い痛み」「ズシッと重苦しいような耐え難い痛みと言い表されることが多いようです。
コナン ユーチューブ
規則正しい穏やかな暮らしの保持、食べ過ぎないこと、無理のない運動やスポーツ等、古典的とも言える自分の体への取り組みが老化対策にも役立つのです。
スギの花粉が飛散する季節に、まだ小さな子どもが体温はいつも通りなのに頻繁にくしゃみをしたり鼻水が止まらないような症状だったなら、杉花粉症の可能性があります。
なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「除外すべき」ものと捉えがちですが、実を言えば、我々人間は多種多様なストレスを経験するからこそ、生活していくことが可能になります。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒などを司っており、気分障害うつ病)に罹患している人はその動きが減少していることが判明しているのだ。
食事という行動は、食物をなんとなく口に運んで数十回噛んで後は飲み込むだけだが、そのあと人体はまことに律儀に機能し続けて異物を身体に取り込むよう努力しているのだ。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が動かずにじっとしていても燃焼してしまう熱量のことで、半分以上を骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で使っているということはまだ広くは知られていません。
体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖分、新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、過度の痩身ではこの2つに代表される体調をキープするために欠かすことができない栄養素までも欠乏させる。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、オゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、肌に悪影響を与えることが明らかになっています。
20~30才代で更年期になるとしたら、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患を指します(この国においては40歳未満の女性が閉経する症状を「早発閉経(early menopause)」と呼んでいます)。
衝突事故や山での滑落など、著しく大きな圧力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、酷い場合は内臓が損壊してしまうこともままあります。
ただの捻挫だと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、様子をみるよりも、応急処置をした後一刻も早く整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は根治への近道となるのです。
四六時中肘をついた横向きの状態でテレビを見つめていたり、机の上で頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日のように履くといった習慣的なことは身体のバランスが悪くなる主因になります。
クシャミに鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロする感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出された量に追従して深刻になってしまうという傾向があると知られています。
ミュージックライブの開催されるホールやディスコなどに備えられている非常に大きなスピーカーの隣で大きな音を浴びて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うのです。